• 最初にお読みください
  • 研究班と中央保管機関
  • 保管薬剤
  • 治療薬の取り寄せ方法
  • 国内における疫学・臨床

研究班概要・中央保管機関・薬剤使用機関

研究班概要

 2015年4月より、本研究班の委託元は厚生労働省から日本医療研究開発機構(AMED)に変わりました。

 

 【研究班】2017年4月~

課題番号:15fk0108046h0003

 

事業名:

(日本語)新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業

(英 語)Research Program on Emerging and Re-emerging Infectious Diseases

研究開発課題名:

(日本語)わが国における熱帯病・寄生虫症の最適な診断治療体制の構築

(英 語)Development of optimal medical care network for the diagnosis and 

treatment of tropical and parasitic diseases in Japan

 

研究開発担当者 (日本語)国立大学法人宮崎大学医学部 教授 丸山 治彦

所属 役職 氏名: (英 語)National University Corporation University of Miyazaki,

       Professor, Haruhiko Maruyama

実施期間:平成28 年 4 月 1 日 ~ 平成 29 年 3 月 31 日

 

海外で熱帯病に感染し、帰国した後に発症する輸入熱帯病の患者が日本国内でも時々みられます。このような熱帯病に対する治療薬の中には、わが国における症例数が少ないために製薬会社による商業ベースでの供給が成り立たず、国内で入手できないものや、承認薬として投与できないものが数多くあります。
この問題が1980年当時の厚生省薬務局審査課を中心に検討され、研究班を発足させて対処を行うこととなりました。

この研究班は現在まで継続され、2010年4月からは厚生労働科学研究費補助金・創薬基盤推進研究事業「国内未承認薬の使用も含めた熱帯病・寄生虫症の最適な診療体制の確立」、さらに2013年4月からは厚生労働科学研究費補助金・医療技術実用化総合研究事業「我が国における熱帯病・寄生虫症の最適な診断治療体制の構築」に関する研究班として、希少な熱帯病に対する治療薬(オーファンドラッグ)を輸入・保管し、必要な患者に投与するシステムをとっています。 

 2015年からはAMEDのシステムで研究班が運用されています。

 

【連絡先】

〒889-1692 宮崎県宮崎市清武町木原5200

宮崎大学医学部感染症学講座寄生虫学分野

tel :0985-85-0990

fax:0985-84-3887 

 

オーファンドラッグ 中央保管機関(国立国際医療研究センター国際感染症センター)

電話 平日昼間(感染症内科直通) 03-6228-0738   夜間休日(代表) 03-3202-7181 

熱帯病治療薬研究班の扱う薬剤については、オペレーターに「熱帯病の相談」「DCCオンコールの医師に」とお伝えください。

http://www.dcc-ncgm.info/

 

国際感染症センターは2004年10月に開設されました。。「国際感染症対策室」「感染症内科」「トラベルクリニック」の3部門で構成されています。感染症診療に関わる人材の育成、国内外の情報の分析や発信、ネットワークにとりくんでいます。

また、トラベルクリニックでは海外渡航者の健康管理支援として、旅行前検診、ワクチン接種をはじめとする海外での健康管理相談、帰国後の体調不良のケアを行っています。

 

トラベルクリニックの受診希望や相談は直通電話でお問い合わせください。

クリニック直通電話:03-3202‐1012 (FAX同じ)

http://www.travelclinic-ncgm.jp/

 

 

薬剤使用機関(2017年度)

  薬剤使用機関名 実施責任者名  連絡先 電話  連絡先 FAX
市立釧路総合病院 小児科 足立 憲昭 0154-41-6121  0154-41-4080
市立札幌病院 感染症内科 永坂 敦 011-726-2211 011-726-9541
岩手県立中央病院 ICU科 宮手 美治 019-653-1151 019-653-2528
仙台市立病院 感染症内科 八田 益充 022-266-7111 022-211-8972
獨協医科大学越谷病院 臨床検査部 感染制御部 春木 宏介 048-965-1111 048-965-8927
成田赤十字病院 感染症科 馳  亮太 0476-22-2311 0476-22-6477
東京大学医科学研究所附属病院 感染免疫内科 古賀 道子 03-5449-5338 03-5449-5427
国立国際医療研究センター・国際感染症センター 加藤 康幸 03-3202-7181 03-3207-1038
東京都立墨東病院 感染症科 岩渕 千太郎 03-3633-6151 03-3633-6173
東京都立駒込病院 感染症科 小林 泰一郎 03-3823-2101 03-3824-1552
聖路加国際病院 内科感染症科 古川 恵一 03-3541-5151 03-3544-0649
結核予防会新山手病院 内科 木村 幹男 042-391-1425 042-391-5760 
東京都保健医療公社荏原病院 感染症内科 中村 ふくみ 03-5734-8000 03-5734-8023
横浜市立市民病院 感染症内科 立川 夏夫 045-331-1961  045-331-1960 
新潟市民病院 感染症内科 塚田 弘樹 025-281-5151 025-281-5187
長野県立信州医療センター 呼吸器/感染症内科 山崎 善隆 026-245-1650 026-248-3240
浜松医療センター 感染症内科 矢野 邦夫 053-453-7111 053-452-9217
名古屋市立東部医療センター 感染症科 長谷川 千尋 052-721-7171 052-721-1308
富山大学附属病院 感染症科 山本 善裕 076-434-7245 076-434-5018
奈良県立医科大学附属病院 感染症センター 三笠 桂一 0744-22-3051 0744-24-9212
京都市立病院 感染症内科 清水 恒広 075-311-5311 075-321-6025
大阪市立総合医療センター 感染症内科 後藤 哲志 06-6929-1221  06-6929-0886 
りんくう総合医療センター 感染症センター 倭 正也 072-469-3111  072-469-7930
神戸大学医学部付属病院 感染症内科 大路 剛 078-382-6296 078-382-6298
鳥取大学医学部附属病院 高次感染症センター 千酌 浩樹 0859-38-6982 0859-38-6078
広島大学病院 感染症科 大毛 宏喜 082-257-1613 082-257-1613
愛媛大学医学部附属病院 総合臨床研修センター 高田 清式 089-960-5098  089-960-5131 
九州大学病院 グローバル感染症センター 下野 信行 092-642-5962 092-642-5247  
長崎大学病院 感染症内科(熱研内科) 森本 浩之輔 095-819-7842  095-849-7843
宮崎大学医学部附属病院 膠原病感染症内科 岡山 昭彦 0985-85-7284 0985-85-4709
琉球大学医学部附属病院 第一内科 健山 正男 098-895-1144 098-895-1414

   【熱帯病治療薬研究班 事務局】

  〒889-1692 宮崎県宮崎市清武町木原5200

   宮崎大学医学部感染症学講座寄生虫学分野

   tel :0985-85-0990 fax:0985-84-3887 

国立国際医療研究センター 代表 03-3202-7181

e-mail: info-dcc<a>hosp.ncgm.go.jp

<a>を@に変えてください。

「熱帯病担当者」へお問い合わせください。