• 最初にお読みください
  • 研究班と中央保管機関
  • 保管薬剤
  • 治療薬の取り寄せ方法
  • 国内における疫学・臨床

 

□事例・調査報告

 

デング熱・デング出血熱 2011~2014年(2015年3月)

http://www.nih.go.jp/niid/ja/id/692-disease-based/ta/dengue/idsc/iasr-topic/5461-tpc421-j.html

 

デング熱報告例に関する記述疫学(更新)(2014年1~12月) (2015年2月)

http://www.nih.go.jp/niid/ja/id/693-disease-based/ta/dengue/idsc/iasr-news/5410-pr4211.html

 

<速報>エボラ出血熱流行地からの帰国者における熱帯熱マラリア症例(2014年12月)

http://www.nih.go.jp/niid/ja/malaria-m/malaria-iasrs/5276-pr4192.html

 

<速報>一般市中病院に来院した西アフリカからの帰国者における熱帯熱マラリアの一例(2014年10月)

http://www.nih.go.jp/niid/ja/malaria-m/malaria-iasrs/5082-pr4173.html

 

<速報>日本国内で感染した17例のデング熱症例(2014年10月)

http://www.nih.go.jp/niid/ja/id/693-disease-based/ta/dengue/idsc/iasr-news/5003-pr4163.html

 

<速報>ケニア渡航後の同グループ内における熱帯熱マラリア2例の発生、および成人脳マラリア症例の報告(2014年6月)

http://www.nih.go.jp/niid/ja/malaria-m/malaria-iasrs/4597-pr4113.html

 

<速報>成田空港検疫所で確定診断されたデング熱・チクングニア熱症例(2014年4月)

http://www.nih.go.jp/niid/ja/dengue-m/dengue-iasrs/4530-pr4106.html

 

<速報>熱帯熱マラリアの2例―同一グループ内での複数発症事例(掲載日 2013/7/29)

http://www.nih.go.jp/niid/ja/malaria-m/malaria-iasrs.html

 

デング熱・デング出血熱とチクングニア熱輸入症例 2011年5月現在(Vol. 32 p. 159-160: 2011年6月号)

http://idsc.nih.go.jp/iasr/32/376/tpc376-j.html

 

 原虫・寄生虫類を原因とする急性脳炎

(Vol. 28 p. 345-346: 2007年12月号)

http://idsc.nih.go.jp/iasr/28/334/dj3344.html

 

ウイルス性出血熱と日本における対策

(Vol. 32 p. 187-188: 2011年7月号)

http://idsc.nih.go.jp/iasr/32/377/tpc377-j.html

 

 

輸入感染症 1997年~2011年までのIASR外国情報

http://www.nih.go.jp/niid/ja/route/transport/1714-idsc/iasr-out/1357-iasr-f-1997-2011.html

 

 

   【熱帯病治療薬研究班 事務局】

  〒889-1692 宮崎県宮崎市清武町木原5200

   宮崎大学医学部感染症学講座寄生虫学分野

   tel :0985-85-0990 fax:0985-84-3887 

国立国際医療研究センター 代表 03-3202-7181

e-mail: info-dcc<a>hosp.ncgm.go.jp

<a>を@に変えてください。

「熱帯病担当者」へお問い合わせください。